メニュー 閉じる

峯山藩主京極家

峯山藩主京極家のご縁

 当社は文化8年(1811)、讃岐の金毘羅大権現のご分霊を勧請して創建されましたが、これは時の峯山藩7代藩主京極高備公の大きなご事蹟として今に伝えられています。
 その証として今もご本殿両脇に一対の青銅燈籠があります。文政7年(1824)に高備公と次男の高聰公の名で奉献されています。
 長男高寧公に早逝され、高聰公を跡取りに決められた頃の奉献で、こんぴらさまのご神威を授かろうと祈願を修められたものです。
 丹後国で江戸時代を通して明治維新まで治められたのは峯山京極家だけですが、歴代が苦慮されたのは次代への家督継承です。特に高備公はお世継ぎで最も苦労され、家門と領地の繁栄を祈られたお心が今に伝わっています。
 治政250年の間峯山藩領内の神仏への信仰も篤く、代々のご事蹟が今も多くの寺社に奉納物やご社殿、書物や史料などの貴重なご縁の証として遺されています。 

京極高備公のご事蹟

 本殿両脇の青銅燈籠の竿には、
『奉献 従五位下周防守京極氏源高備』(本殿南側の燈籠)
『奉献 従五位下備後守京極氏源高聰』(北側の燈籠)とあり、両方の裏には『文政七甲申年六月』と刻字があります。
 緻密な細工が随所に施され、笠・火袋・台座をはじめ「竿」と呼ばれる柱部分まですべてが六角に統一された特別な物で、奉献者の信仰の深さが伺えます。
 長男高寧公に早逝され、跡取りに決められた高聰公と二方の名前で奉献されています。
 高備公の父六代高久公は峯山の分家で旗本の京極家からのご養子、父君が江戸幕府の要職若年寄を務められていたので、代わりに高備公が藩の政務を執っていたとされています。
 文化5年(1808)に高久公が亡くなって跡を継ぐと、幕府で大番頭を経て文化9年(1812)、父君と同じ若年寄に任ぜられます。
金毘羅権現勧請の翌年のことです。 残念ながら高聰公は家督を継ぐことなく、文政13年(1830)に32歳の若さで先立ちます。三男四男は既に他家に養子に出されていたため、天保3年(1832)家督を五男の高倍公に譲って隠居されました。しかし、その八代高倍公とさらにその跡を継いだ七男の九代高鎮公がわずかな間に自身に先立って次々と早世するなど、苦難の晩年を過ごされ、天保6年(1835)に76歳で亡くなられます。
 藩主の家督を守り伝えることは
大変なご苦労で、特に医薬の技が進んでいない時代のこと、家門の繁栄を神仏に頼ることが何より不可欠なことでした。
 250年間の数々のご事蹟が遺る寺社にはそのご苦労を顕彰し、伝えていく使命がございます。