メニュー 閉じる

峰山線全通

峰山線全通映画

峰山線全通 大正14年11月3日
峰山駅が完成し鉄道が開通した際に行われた祝賀会、祝賀行事の記録フィルムから起こされた写真です。
特にこの1年半後に起きる北丹後地震で失われた
町内の山車屋台が勢揃いで巡行する姿をはじめ、
新地の芸妓衆、失われる直前の町の様子は見物です。
峰山線開通祝賀行事 大正14年11月3日
  大正14(1924)11月3日午前10時、鉄道省が主催し、駅前に設けられた大テントに1500名の関係者が集って祝賀式典が挙行された。
 琴平新地の芸妓50名が新作「峰山節」を披露し花を添えた。
 午後5時からは峰山町の主催で来賓50名が萬一楼につどい祝宴が催された。
 10月10日の金刀比羅神社祭礼も鉄道開通を祝って11月3・4日に行われ、山車屋台が総出動、震災で失われる前の最後の雄姿となった。
 この様子が映画「峰山線全通」に収められている。
「峰山線開通映画」シナリオほか
 昭和50年頃にこの映画の上映会が行われ、下戸明夫先生が解説されたときのシナリオです。
このおかげで当時の様子や人物の特定もできています。
100年前のフイルムは峰山図書館所蔵で当然閲覧不可。
失われた山車屋台が動画で遺されたフイルムですので何とかデジタル修復し、見てみたいものです。
 また、当時の盛り上がりを伝える新聞記事と、峰山線開通祝賀行事に合わせて当社例祭日程を10月から11月3日変更して執行されたことを記す会議記録「祭典協約書」では、官・民・神社が一体となって行われていたことがよくわかります。